読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進化するTofu

日本人として欠かせない食材、豆腐。

実は世界中あらゆるところで食べられてますよね。

アジア圏はではもちろん、ヨーロッパ、北米でも。

しかも大体、トーフに近い発音です。

 

ヨーロッパではベジタリアンがタンパク源を求めて人気があるのだと思います。

 

海外で見かけるのはほぼ木綿より固いもの。
日本で言う絹豆腐は見かけないですね。

あの柔らかくて香り高いお豆腐が私は好きです。

 

f:id:slimsugar:20160823131104j:image

これはミャンマーのど田舎の市場でおばちゃんが売ってた豆腐。

 

 

そして、ヨーロッパではなんともヨーロッパらしい進化の仕方をしていて

燻製豆腐とかバジル入りとかトマト入り、海藻入りとか…

おいおい燻製って!とツッコミつつ試しに買ってみたら淡白なチーズみたいで美味しかったです 笑

 

f:id:slimsugar:20160823220326j:image

ドイツのBioスーパーbasicで見つけた燻製のTofu。

パッケージにバジルが添えられてるのを見るとなにか、おつまみ的な…?

 

私はこのシリーズのプレーンのTofuも買いました。

日本のお豆腐とはまた別物ですがなかなか美味しいです。

 

味も固さも日本の練り物に近いかも。

炒めても崩れない!

 

きっとチーズ風な感覚なんでしょう。

そのうち燻製の次は発酵させて…とか奇特なことをしでかすんじゃないかとちょっと心配しています笑

 

 

あれ、ちょっと待って

そう言えば、私が未だに一歩も近付けない台湾の臭豆腐とか

沖縄にも豆腐餻ってあるじゃんねぇ。

発酵させたヤツ!

 

う〜ん…食文化とは奥深いものです。