ハンドクリーム

ここ2、3年スキンケア用品は基本的に買い付けたオーガニックの材料で自分で作っています。

 

体や髪の毛も石鹸、シャンプー類は使わずお湯だけになったので

石鹸を使うとしたら手を洗う時かお湯で洗っても落ちない汚れか殺菌したい時。

普段の生活でそんな汚れることはほぼないので手以外はほとんど使いません。

東南アジアでビーサン履きだとけっこう汚れますけどね笑

 

ただ、ハンドクリームだけは今のところ市販品に頼っています。

界面活性剤を肌にのせたくないからこその手作りですし

オイルメインなので塗った直後はベッタリ感があるのですぐ作業するには不便。

もちろん時間が経てば肌になじみしっとりですけれど。

 

今使っているこのハンドクリーム、香りが超イイ!

f:id:slimsugar:20170627085417j:image

すっごくピュアなシトラスの香り!

手に伸ばしてしまうと香りが1分も持たないのがちょっとナンですが

でもその瞬間でもすっごく癒されますからねぇ。

 

 

フランスのFlorame(フローラム)

プロバンス地方のオーガニックハーブのエッセンシャルオイルやコスメのメーカー。

パリの激安ファーマシーで450円くらいで買いました。

日本で買うととんでもない値段です笑

 

 

余談ですがパリの直営店のマダムが

ラップドレスの女王ダイアンフォンファステンバーグみたいですっごくステキなんです!

 

 

そのうち、私の独断と偏見によるハンドクリーム勝手にランキングでもやろうかな。

 

海外旅行保険、入ってくださいね。②

旅行中一番厄介なのは病気や怪我です。

 

 

私も家族で旅行した時に姉がカンボジアでウイルス感染し乗り継ぎのバンコクの空港でドクターストップ!

飛行機に搭乗できずバンコク市内で4、5泊入院しました。

恐らく200万円は余裕で超える費用が発生したと思います。

実費だったら冷や汗 笑

 

AIUの保険でキャッシュレスだったので実費はほぼなし。

保険て入っとかないといけないんだね、、と姉は実感していました笑

 

 

バンコクの病院はすっごい高級!

30平米はある個室で大きいテレビ、シャワー、wifi付き笑

地下のフードコートにはオーガニックのサラダバーがあり、私は一人で大興奮!!

もちろん日本語の通訳の方がいます。 

 

治療費だけでなく、航空券は日付変更不可のため帰りの航空券代やその手配

日本との携帯電話代、追加の滞在で買った洋服、下着類。

それを買いに行く交通費等、食費以外は保険でカバーして頂きました。

レシートが出ないバイタクまで笑!

 

航空会社の発券ルールによって違いますが

一般的に安いチケットほど日付変更不可。

病気や入院のような正当な理由があれば航空会社が融通を利かせてくれる場合もありますが

現地で電話でのやりとりはお金も言葉も大変ですよね。

 

 

それに帰国後3日以内に発症し、原因が旅行中にあれば日本での医療費も通常補償してもらえます。

 

万一旅先で亡くなった時、遺体の搬送は大変手間がかかると言われますが

遺体の搬送は500〜1000万円ほどだそうです。

そんな事ないのが1番ですけど、一応私は万一の事は考えています。

後処理するのは自分じゃないですからね。。。

 

f:id:slimsugar:20170614091055j:image  @台中站 Taichung station

 

 

格安で旅行したい場合、例え100円であってもお金が惜しいのは本当によくわかります。

LCCで支払手数料追加させられるとチェッと思うもん!

でも保険代も旅費の一部として考えてください。

クレジットカードの足りない部分の補填や

一番安いパッケージの保険で構わないので、絶対に入って欲しいです。

 

 

一緒に旅行する人や、日本にいる家族への最低限のマナーとして。

 

 

 

 

 

 

海外旅行保険、入ってくださいね。①

私は海外に行く時に必ず海外旅行保険に入ります。 必ずです!

 

国の統計によると、渡航者の約半分は加入していないようで。。。

クレジットカードで自動付帯になった保険等あるのでしょうけど

傷害治療や疾病治療が100万円程度では足りないことが多いと思います。

 

最近はLCCや海外旅行をネット申し込みする際に、結構しつこく加入を勧めてきますよね。

特に決まっていなければそれに入っておけばいいんじゃないかな。

 

 

旅行代を節約できるLCCやチケット代が安い航空会社ほど総じて保険が必要です。

遅れることが多いですし、預けるスーツケース等が壊れていても航空会社が補償してくれないことが殆ど。

 

 

実は私自身、よく海外旅行保険のお世話になります笑

病気はないですが、2度盗難にあっていますし、スーツケースが壊れて修理していただきました。

 

それでも、私は旅先で一人が多いですから

一応一般的な日本人より身の回り品には注意を払えている方だと思います。

 

f:id:slimsugar:20170611090418j:image

 @Barcelona

 

 

特にターンテーブルから出てきた荷物は壊れていないかチェックするのを忘れずに!

私は初めての一人旅で買ったばかりのKarrimarのバックパックが

肩ベルトが根元からちぎれていて、背負えなくなっていたのに気付かず、後で航空会社オフィスに行き掛け合ったけれどやっぱりダメでした。。。トホホ

 

他にも愛用のラゲージがヒビ割れていたり、車輪接続部が根元からめくれ上がって出てきたり、、、

でも何度も直して頂き復活!すでに10年のお付き合いです。

 

 

 

 

 次回に続く。。 

温泉でデトックス! in金谷

以前の「トイレ問題」という記事でも触れましたが、私、温泉入れません。

 

ですが、昨日温泉マイスター兼セラピストかつ旅好きな友人が私にあった温泉にデトックスに連れて行ってくれました!

 

千葉県、富津市金谷の温泉。

お部屋の壷風呂で温泉に浸かることができるんです。

 

まずは腹ごしらえ〜f:id:slimsugar:20170705090841j:image

 

ウーロン茶色の温泉です。

f:id:slimsugar:20170705090818j:image

 

壺風呂からの眺め。

f:id:slimsugar:20170705090920j:image

 

いや〜、マイスターの仰る通り3回に分けて温泉につかり徐々にデトックスしていくわけですけれど

最後は言葉通りのゆでダコ状態。

30分浸かるところ、20分で限界でした笑

 

帰り道もだるくて家までの道のりが遠くて遠くて。。。

ですが、一晩寝て起きたら。

あ〜ら、スッキリ! 気分爽快!

 

この朝起きて爽快感、しばらく味わってなかったなぁ。としみじみ。

 

今の時代だけではないですが、生きていくと解決すべき問題が自分の人生にも

生きていく世の中にもたっっくさん出てきます。

きっとそれが「生きる」ということでしょう。

大事なことは自分が気分良く、自分らしく解決に勤しんでいくということ。

 f:id:slimsugar:20170705091545j:image

 

 

連れて行ってくれた友人は一人旅好きの私が一番多く一緒に海外に行く方。

いつも進化していて、見ていて飽きません笑

昨日も必然的にその話になり、香港でピータン粥が食べたいねって言う話に。

まぁ、一緒にいると大体こうなる笑

 

 

 

 

 

 

絶品!オリーブペースト

もう夏と言っていいですね。

アテネで買ったギリシャ産のオリーブペーストの時期になってきました。

 

やっぱり絶品なんですよねぇ〜

本当に美味しい!

 f:id:slimsugar:20170615145031j:image

アテネのオーガニックスーパーで「パスタに入れたら美味しいわよ!」と言われ買ったのだけど

夏野菜との相性が抜群!

ラタトュユ的な料理の最後に和える感じで使っています。

ギリシャってそもそも野菜がやたら美味しかったもんねぇ。

 

 

このオリーブペースト5、6個あるんです笑

瓶詰めですよ。瓶詰め。

他にもアテネで買ったこれまた絶品なドライトマト&オリーブオイルのペーストまで何瓶か眠ってる。

 

よくこんなに重いの持って帰ってきたねと今は思うけれど

買ってる時はアドレナリン絶賛大放出中だから、飛行機に預けられる容量考えながら

ちょっと足りないなぁ。とか、いやまだイケる!あと1個!とか思っちゃうんだよね。

 

いいのよ。いいの。

食べ物だし、無駄なモノではないの…

 

だって日本で買えない。

もしくわ売ってたとしてもお値段3倍なんですもの。

オホホホ。。。

 

ムラサキ色なので写真じゃちょっとアレですが

f:id:slimsugar:20170615145247j:image

もうね、オリーブの香りがねぇ。

最高です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Say HELLO!!

日本で普段生活している私ですが、違和感を覚える日本人の行動があります。

 

みなさん、挨拶しないですよねぇ。

 

 

 

 

ヨーロッパに行くと知らない人同士でも道で目があったとかの理由で微笑んだりして好きです。

すごく印象的だったのはデュッセルドルフ

到着したばかりでかなり早朝の中央駅。

カフェで出勤前らしき50代くらいのマダムが

隣の席に座りながら「モーゲン」(おはよう)と挨拶してくださった。

パリからのバス移動ですっごく疲れていた私は、その一言とマダムの笑顔で心がほぐれたのでした。

 f:id:slimsugar:20170526171319j:image

 

 

 

変わって日本。

出勤途中でいつも大体顔を合わせるご近所のおば様がいる。

庭先で小学生のお見送りや、お花の手入れをされていたり。

最初に私が「おはようございます」と言った時はちょっと面食らった様子だった。

あまり挨拶する人いないんでしょうね笑

今は顔を合わせば笑顔で挨拶を交わすようになりました。

 

スーパーからブランドショップなどお店でも店員さんから

「いらっしゃいませ」とか「こんにちは」と言われても日本人は返事しない人が多い。

旅をするようになってからとっても違和感を感じるようになった。

フランスは必ずと言っていいほど”Bonjour”で会話が始まる。

 

 

 

”日本は単一民族国家で平和な国だから、相手との警戒を解く為の挨拶が必要ない”

という話を聞いたことがある。

確かに。

知らない人に挨拶するのは、自分が危険な人じゃないよと知らせたり相手が危険な人でないことの確認の意味もある。

 

 f:id:slimsugar:20170526171942j:image

 

でもさ、挨拶したほうが気持ちいいんですよ〜。

初めて入ったお店でも「こんにちは」って言われたら「こんにちは」っていうとお互いに気持ちいい。

すっごく穏やかな気持ちになりますよ。

お試しあれ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近所のダイエーさん③

実は今回ダイエーさんに行ったのは、お魚さんを見に来ました。

水族館じゃないですよ!

 

 

以前、ビオセボンがオープンした際にイオンさんのブランド「TOP VALU」で

海のエコマークと呼ばれるASC認証のエビさんを見かけたので

これはもしや、、と思いまして。

 

ありましたありました。

 

f:id:slimsugar:20170605090544j:image

アメリカ産のたら。MSC認証。

 

 f:id:slimsugar:20170605090604j:image

ノルウェー産のサバ。MSC認証。

 

f:id:slimsugar:20170613101113j:image

MSC認証のタラコ。日本にしかないでしょうねぇ笑

 

それにこんな加工食品も。

f:id:slimsugar:20170613101133j:image

f:id:slimsugar:20170613101147j:image 

 

 店内にはこんなポップ。

f:id:slimsugar:20170613101224j:image

 

 

 

海のエコラベルには2つ種類があります。

 MSC認証

   生態系を守るため乱獲をせず漁業量を適切な量にし

   水産資源や海の環境を守って獲った水産物と認められたもの。

   天然の海産物の認証ですね。
www.wwf.or.jp

 

 ASC認証

   変わってこちらは養殖の水産物。

   養殖場、餌となる海産物、海の環境、また働く人にも配慮されたもの。

   以前、タイのエビ養殖場ミャンマー人の奴隷のような

   劣悪な労働環境が問題になったことがありました。

           私のトムヤムクンにそんなエビが入ってたら許せない!

   

www.wwf.or.jp

       

ここでも国産がない…

本家アメリカはわかりませんが

ロンドンのWHOLE FOODS MARKETはこのMSC、ASC認証のシーフードを主に扱っています。

心強いですな!

 

 

 

ここまで書いといてなんですが

実は原発事故があってから、海産物の安全面に疑問がありあまり食べていません。

Hahaha....